ハイドロキノン高濃度の美白化粧品は危険?【美白コスメの選び方】

ハイドロキノンは高濃度なら良いというわけではない

ハイドロキノンの使用には注意が必要
医師が作った美白化粧品

アメリカでは、美白といえばハイドロキノンが主流です。ハイドロキノンは、イチゴ類やコーヒー、紅茶など天然にも存在する成分です。シミの原因であるメラニン色素の合成を阻止する働きがあり、その美白効果は、話題の成分コウジ酸やアルブチンの数十倍から100倍はあるといわれています。日本では2001年から、規制が緩和されてハイドロキノン配合の化粧品が多く出回るようになりました。ネットで、高濃度のハイドロキノンを簡単に手に入れることもできるようです。 美白効果がとても優れているので、高濃度なら、より早くシミが消えたり、より白くなれると思いがちです。でも、注意しなければならないことがあります。 ハイドロキノンは、刺激が強いので高濃度なら良いというわけではないからです。
人によっては、皮膚への刺激が強く出たり、かぶれ、赤みなどを引き起こすこともあります。また、高濃度に大量に長期間使用し、無防備に日光を浴びた場合などに色素沈着が起こった例があります。アメリカでは4%以上配合されたものは処方箋薬としての扱いを受けています。ですから、毎日使用する化粧品では、高濃度だからいいと安易に選ばないようにしましょう。